環境への配慮について、いいことばかり言いません。
ものをつくり、届ける。
その際には、大切な資源やエネルギーを使います。
製品としての一生を終えたときには、ゴミが生まれます。
そうした負荷の部分もきちんと明らかにしていくこと。

たとえば、わたしたちは、つねにあけたての品質をとの思いから
エアレスボトルを採用していますが、一方では詰め替えがむずかしいという側面もあります。
これをかくすことなく伝え、同時に詰め替えを可能にするための開発も急いでいます。

ユーバイユーの製造・販売元であるわたしたち日東電化工業は、
50年以上にわたって金属表面加工に携わってきた会社です。
そのなかで、緻密な加工技術や廃棄物質の無害化技術、ミネラルの活用技術などのノウハウを培ってきました。
それらを最大限に活かし、いかに環境負荷を軽減していくか。
製品をつくり続ける限り、環境への取り組みに「これでよし」という終わりは、ありません。