ホーム > ユーバイユーの考える安全性

商品について
買い物について
2001年の薬事法改正によって、国は成分の有効性についてのお墨つきは出さないことに。
また、配合してはならない原料は規定するけれど、使用量が定められた範囲内であれば、
後はメーカーの自己責任とされています。

であれば、わたしたちメーカーとしては、
これまで時間をかけてきちんと安全性の実証されている成分を使うことが大前提となります。
そのうえで、さらに自分たちで安全性をしっかりと見きわめることを使用条件としました。

開発にあたっての設計段階から、
社内においてさまざまな年齢、体質の人によるパッチテストをくり返し実施。
・アレルギーを誘発しないこと。
・環境ホルモンの疑いのないこと。
それらを徹底して調べ、少しでも疑わしいものはすべて排除していきました。
肌につける化粧品にとって、なにより安全が大切。
そこには一切の妥協がないことを、ユーバイユーは約束します。
安心して使いつづけていただいてこそ、あなたの肌本来のチカラを取り戻していただけるのだから。
 

「天然原料=安全」「合成原料=危険」?

最近のオーガニックコスメの流行とともに、化粧品に使われる原料について、
天然至上主義的な考えをもたれる方も多くいらっしゃるようです。

しかし、果たしてそうなのでしょうか。 天然原料のなかには、ワサビの根のように毒性の強いものもあり、
人によってはアレルギーを起こしてしまうものも少なからず存在します。
例えば植物由来の油の酸化によって肌があれてしまったり、
合成香料の代わりに天然精油を香料とした化粧品がプラスチックの容器を変色・変質させ、
容器にひびが入ってしまったという事故も過去にはありました。

また、天然原料には腐敗しやすいものも多く、
それによって防腐剤を多く配合しなければいけないことだってあります。
逆に合成の原料で何十年と使用されてきたなかでまったく問題を起こしていないものもたくさんありますし、
もちろん大きな問題となった原料もあります。
つまり、原料は天然・合成などのイメージで安全性を決めることはできません。
未知の部分がある天然成分を使用するくらいなら、
安全な原料の構造や製法、化粧品に配合される量が証明されている合成の原料の方が
安心ではないか、とすら思います。

要は、安全性がしっかり証明されている原料を用い、その相互作用を見きわめること。
適切な量を知り、きちんと配合することこそが大切だと考えます。
 

この成分が心配、とお思いの方へ。

ユーバイユーの配合成分のなかで、
オーガニックコスメご愛用の方が特に心配される次の原料について、
少しお話をさせてください。

 カルボマー

カルボマー(カルボキシビニルポリマー)は水に溶ける性質をもつポリマーで、
肌に薄い膜をつくって、水分の蒸発を防ぐ効果があります。
また、水の粘度をあげてゼリー状にすることから、
配合される他の成分の沈殿を防ぐ目的でも使われています。

しかし合成ポリマーであるために、
そのイメージから肌への負担を心配される方もいらっしゃいます。
カルボマーの化粧品原料としての歴史は長く、
いままでこの原料が原因となったトラブル例もありません。
医師の間でも、肌への刺激が少なく、安全性の高い成分といわれています。

肌の水分の蒸発を防ぐことは、保湿化粧品にとって大切な要素のひとつです。
その役割をさせる原料をなににするか。

ユーバイユーは、次の観点からカルボマーを選択しました。
ひとつは、油を使わないということ。
油には当然水分の蒸発を防ぐ効果があります。
しかし、油はニキビの原因、アクネ菌の栄養となる場合があり、
ニキビができやすい人にとってはかえってトラブルの原因となってしまうおそれがあるからです。
しかも油は皮脂と溶け合ってしまい、水分の蒸発を防ぐチカラを十分に発揮できません。

もうひとつは、水で洗い流せるものでありたいという考え。
どんなに水分の蒸発を防いでくれる成分であっても、簡単に洗い流せるものでなければ、
毛穴や汗腺を詰まらせてしまい、正常な新陳代謝を阻害してしまう。
それを防ぐうえでも、水に溶けるカルボマーは簡単に洗い流すことができ、
毛穴や汗腺にフタをしてしまうこともないため、
安全にお肌のうるおいを保つために有用と考え、選択したのです。

 BG・ペンチレングリコール・フェノキシエタノール

BG(1,3ブチレングリコール)とペンチレングリコールは
水分を抱きかかえるチカラをもち、さらっとした使用感の保湿剤です。
石油由来の成分であるため 安全性を心配される方もいらっしゃいますが、
古くから多くの化粧品に使用されていて、安全性を証明されている原料です。
また保湿剤でありながら細菌の繁殖を抑える効果もあるため、
これらを使用することによって、
肌の刺激になりやすい防腐剤などの保存料の配合を少なくすることができます。

一方、フェノキシエタノールは、使用中に容器に入ってしまった雑菌を
繁殖させない目的で配合される防腐剤です。
誰もがよいイメージをもたない防腐剤を、なぜ配合しなければいけないのでしょうか。
化粧品はどんなにていねいに使っても、空気中の細菌や手に着いた雑菌が入ってしまいます。
化粧品のなかには細菌の栄養になる成分もたくさん入っているため、
防腐剤が入っていないと容器内で細菌がどんどん繁殖してしまう。
そして、腐敗してしまった化粧品を使用することにより、
ひどいケースでは自己免疫疾患を引き起こし、「赤ら顔」や「湿疹」になってしまいます。
ですので、安全に使いつづけるためには、どうしても防腐剤が必要になってしまうのです。

最近では防腐剤フリーというような製品もありますが、
そのほとんどは化粧品原料の業界規定で防腐剤とはされていないけれど、
防腐効果のある原料を使用しています。
これらのなかには少量では十分な効果がなく、比較的多い量を配合しなければならないため、
結果的に防腐剤よりも刺激が強くなってしまう場合すらあるのです。

「できれば防腐剤は用いたくない、でも皆様に安全に使いつづけていただきたい。」
そんな思いから、わたしたちは肌に負担をかけない量をきちんと見きわめたうえで、
フェノキシエタノールを使用しています。
あなたは、もともと美肌のひと。ユーバイユーとは
YoubyU お伝えしたいこと
解明!最新の皮膚科学に学ぶスキンケア新常識
送料無料
電話での注文はこちらから 0120-977-948
無料肌診断実施中!
カートを見る
会員ログイン
新規会員登録
ご注文方法はこちら
Line Up

YoubyUのスキンケアコスメ。
ラインナップはこちらから。はじめての方はお試しサイズをどうぞ。

About YoubyU

肌から考えるスキンケア。
YoubyUはこれまでのスキンケアコスメの常識への疑問から生まれました。

VOICE

本物の美肌を手に入れるには、正しいスキンケアの知識を知ることが大切。YoubyUは、本物の美肌を目指すあなたを応援します。

スキンケアコラム ピックアップ
Brand Series

関連サイトのご紹介です。